MENU

やましい膣ナラ(ちなら)を予防する技法

いたたまれない膣ナラ(ちなら)を予防する方策

 

セックスの最中におならというメロディーが鳴ってしまい、すこぶる気まずい想いをした想い出は一度はあると思います。

 

おならが出てしまったのかと勘違いする紳士もいますが、セックスミドルのそのメロディーはおならではありません。

 

そのおならというメロディーの原因は『膣ナラ(ちなら)』と言います。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

膣ナラは
膣ナラは膣から感じが出るおならという出来事だ。膣ナラは、体外から膣に入ってしまった感じだ。

 

カラダで生成されて肛門から出るおならは臭いですが、膣ナラにはニオイはありません。

 

おならというメロディーが鳴ってしまうのは、膣に入ってしまった感じがピストン実践を通じて勢い良く出てしまうためです。

 

 

膣ナラが起こり易い体勢

膣ナラにはニオイはありませんが、無意識にメロディーが鳴ってしまうことがあります。男性には膣ナラに知識がないヒューマンもいるため、おならという勘違いされるって困ります。

 

膣ナラは膣に感じが入って最近うと起こり易くなります。楽しくなってきた場合膣ナラは出やすくなります。

 

また、膣ナラは分娩想い出のある女性が困り易い事象だ。

 

 

膣ナラに耐えるヒューマンは膣ナラが起こり易いと言われている体勢を避けてセックスください。
・後背辺り
・スムーズ辺り
・近辺辺り

 

こういう3つの体勢は膣に感じが入りやすい体勢になります。

 

ひとまず、後背位はパートナーがお尻にゲンコツを置いた場合入り易くなります。スムーズ辺りといった近辺位は両足を開いた場合膣が変わり感じが入り易くなります。

 

メンタルが盛り上がってきたといったたまに、膣内にバルーン出来事が発生して感じが止まり易くなることで膣ナラが起こり易くなります。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

 

膣ナラを防ぐコツ

膣ナラが起こり易い体勢を避けても、膣に感じが入ってしまい膣ナラが鳴ってしまうこともあります。

 

それにスムーズ辺りや後背位は基本的な体勢ですので遠退けるわけにはいきません。

 

パートナーという協力してこなせる3つの膣ナラを防ぐコツを紹介します。

 

 

自分で感じを抜く

ペニスを挿入するときに、先ず両足を閉じて、お尻に力を入れて下さい。

 

お尻に力を入れるため、膣内にコアがなくなり、膣ナラの原因の感じが押し出してくれる。

 

 

ゆっくりとペニスを挿入する

そうしてペニスの差し込み時もゆっくりして下さい。

 

ゆっくりとペニスを挿入するといった、少しずつ感じが押し出されるので膣ナラのメロディーも小さくなります。

 

また、ハイウェイでピストン運動をするという、急に感じが押し出されるので膣ナラが鳴り易くなります。

 

 

奥までペニスを挿入する

ゆっくりとペニスを挿入したら、一度奥までペニスを挿入して下さい。

 

深層に溜まっていた感じがとことん追い越せるのでやましい膣ナラを防止します。

 

膣ナラが鳴り易いヒューマンや膣ナラがなって照れくさい想いをしたくないヒューマンは試してみてください。

 

>ラブグラの安全な通販はわたし<

 

ラブグラTOPへ